会社に縛られない生き方に最速到達するための正しい貯金のしかたって?

この記事は 544秒で読めます。

突然ですが、



今、あなたは毎月、貯金ってしてますか?




貯金しているなら…





⇒毎月、いくらくらいのペースでしょう?



⇒そして、それは順調ですか?





貯金していないなら…





⇒今の状態で別段、気にしてないでしょうか?



⇒それとも、「貯金はしたい!」って思ってるでしょうか?





すでに貯金してたり
今はまだだけど、貯金はしていきたいってことなら…






⇒それはなぜでしょうか?







いきなり何だよー!?なんて言わないでくださいね(^^;





こんにちは まさきです




あなたもボクも貯金が大事だと考える理由




なぜ、貯金をしたり
貯金をしたいって考えるんでしょうか?



 
 

あなたが貯金をする理由…







それは、今、何か買いたい物があるからですか?




それとも、将来、老後のためですか?


 
 
はたまた、なにかあったときに備えてですか?



 
 
理由は人それぞれ





貯金に対して、とりあえず…的に
漠然とした考えの人もいれば、
はっきりと明確な目的を持った人もいます



 
 

昔から
貯金はするものだ!
貯金はしておきべきものだ!




…なんて教えられてきたから、
言われた通りにやっているんだ!という方




 
 
なんとなく…貯金している人も中にはいるかも知れませんね


 
 



実は、以前のボクもそうでした





目的は特になくって
毎月、得る少ない給料の中から
将来の金銭面の不安を解消するために
ずっと貯金をしてきました



 
 
毎月、1万円とか2万円のペースでしたが
当時は少しずつでも貯まっていくお金が
ボクの金銭面での不安を取り除いてくれていました




 
でも、ふとした拍子に
通帳を開いて残高を見たときには





あまりの金額の少なさに
自分事ながらすごくゲンナリしたことが何度あったことか!





 
 
毎月、地道にがんばっているのに
貯金額が想像以上に増えない(-_-;)



 
 
ボクの金銭面での不安が取り除かれるのは
貯金分を口座に入れる
その瞬間だけであって





実は本当の意味での不安って
全く拭えていなかったんですよね








何か他に、
もっと賢くお金を増やしていく方法はないんだろうか?









考え抜いた挙句、
ボクなりに行き着いた結論を
ここで少し話しさせてもらいますね





少しでもあなたの参考になれば幸いです







勘違いしやすい「貯金の目的」と「人生の目的」




お金を増やそうと思うあまり、
毎月の少ない給料の中から貯金用のお金を
絞り出すように捻出しているとしたらなら



それはある意味、損失を生み出していると言えます




ボクは、こんな結論に達したんです







貯金自体をお金を増やすための手段として
取り組んでいる人がかなり多いです




ボクもまさに、その一人だったんですけどね








 
 
貯金額をなんとかして増やしたい!
とにかくボクの頭の中はこの気持ち一色!




 
 
貯金を効率良くする方法を
本を読んだりネットで調べると、決まっったように
こう述べられてました



 
 
貯金をする目的を作ること!



 
 
でも、たとえば
「老後のため」という風に目的を作ったとします




この目的、ゴールはどこにあるんでしょうか?



 
 
そもそも毎月数万円の貯金では、
ゴール(目的)に達しない可能性の方が高いんじゃないでしょうか



 
 
そこに待ち構えているのは
不安と安心の無限のループです



 
 
ゴールに到達するイメージが湧いてこない


 
不安なので毎月必ず貯金額を捻出し続ける


 
口座に振り込む瞬間の安心感


 
残高を見たとき、金額の少なさに不安と焦り



引き続き、またコツコツコツコツ
ひたすら貯金…



 
 
気がついたら目的のための貯金ではなく
これって、人生の目的が貯金になっているんじゃないでしょうか?





人生の目的が貯金になってしまうなんて
なんだか味気ないし寂しいと感じませんか?



 
 
確かに貯金はとっても大切です



 
 
ですがお金は貯める目的よりも




貯めたお金をどのように活かしていきたいのか?
そのお金によって
どんな素晴らしい未来をデザインし、実現したいのか?




そこを、よりリアルにイメージしながら




どのようにお金を貯めていくのか
または増やしていくのかを考えた方が
ワクワクしますし賢いと思うんです



 
 
ボクたちは幼いころからの教えもあって


 
 

貯金は必ずしなさい!





 

貯金がないのは恥ずかしいことだ!





 
 
といった思考が頭にこびりついているんだと思います




 
 
でも、ちょっと不思議な話しですけど
お金というのは使ないで貯めるよりも
使った方が増えるものなんです




 
 


ここで少し
あなた自身の過去を振り返ってみてください

 


 
あなたは学校や家、会社で
『貯金』以外のお金の増やし方を教わったことってありますか?


 
 
おそらく
『言われてみれば、ないかも!?』と言った答えの人が多いはずです



 
 
それもそのはずです
家や学校では、社会に出たときの
周りの人との協調のしかたなどばかり教えてくれます





組織の一員、つまり従業員です



 
 
失敗はしてはいけないもの


 
 
人と違うレールは通ってはいけない




みんなと同じであるのが良いこと


 
 
お金は地道に汗水たらして稼ぐもの
 
 


働かざる者食うべからず


 
 
このような考えは教えてはくれますが
ボクたちはもっと大切なことを知らないんです



 
 
それが「お金の生み出し方」です



 
 
話しを聞いただけだと
限られた人だけが持っている
なにか特殊な能力のようにも感じますが




決してそんなことはありません



 
 
むしろ、今の恵まれた時代、その気になれば誰でも身に付けることができる能力なんです



 
 
この能力が貯金とどのように関係しているか
少しずつイメージできてきたでしょうか?



 
 

「守り」に入らずお金を「攻め」に使って、お金増やす思考と実践法


 
 
お金を生み出す方法をまだ知らない人が多いという話しをしました




現代社会のこの世の中には
自分でお金を生み出す力を身に付けて




目標にしていた貯金額を1年、
もしくはそれよりも早いスピードで手中におさめ
会社や国に頼らず自由に暮らしている人が現実に存在します

 


 
しかも、パソコン1台だけでです
 



 
つまり、
毎月貯金をしてお金を銀行口座に眠らせておくよりも
お金を生み出す知識とスキルをつけるために自分に投資し




その力を手に入れて
お金を生み出していった方が




毎月コツコツ貯金するよりも
圧倒的に早く目標の額まで貯めることが可能になるということなんですね



 
 
お金を生み出す力さえ身につけてしまえば




パソコン1台で




好きな場所で好きな額




ATMで自分の口座から降ろす感覚で



お金を生み出すことができますから
コツコツ貯金していたときのような
お金の不安はなくなるはずです



 
 
でも、その力って
どこでどんな風にして身につけたらいいの?



 
 
両親や学校からは教えてもらえなかった
この力を身につけたい人はたくさんいます



 
 
そういった人たちに向けた本や教材もたくさんあります


 
 

ネット空間でも様々な情報が流されています



 
 
でも、ネット上に流れている情報というのは
無料で見られるだけあって誰でも知り得る情報にすぎません



 
 
お金を生み出す力を
本気で身につけたいと考えるのなら




実際にその力を手に入れ
現実に成功をおさめている人に方法を教わるのが
一番、現実的な方法でありゴールへの近道です




 
 
ですが成功者の方々にとって
それは貴重なノウハウですから
成功した方法を無料でネット上で流すなんてことは
さすがになかなかありません





成功者一人一人、それぞれ違いますが
ネット上で紹介されている
お金を生み出す力を身につける方法が書かれている
教材はだいたい1万円から2万円台のものがほとんどです



 
 
正直、高いと思いませんか?


 
 

ボクも本気でお金を生み出す力を身につけたいと思った
最初の時期は



 
 
教材に1万円もかかるの???




といった気持ちでした



 
 
でも、考えてもみてください



 
 
1万円から2万円の教材で
お金を生み出す力を身に付ける知識やスキルを自分のものにすることができれば
言うまでもなく、あとはそれを実践してお金を増やし続けるだけです




 
 
ある程度安定して報酬を生み出せるようになるまでは
知識や知恵・工夫が必要になりますから




そこに関しては自己投資をして
どんどん自分を磨いていったらいいだけなんです



 
 
貯金を毎月地道にコツコツ続けていたのであれば
お金を使うことに対して、最初は不安感や恐怖心があると思います



 
 
目の前のお金が減る



 
お金を生み出す力が身につけれなかったらどうしよう…



 
詐欺だったらどうしよう…



 
 
などなど、ボクも当初はこんな感じでした




でもこれは
すべて心理学でも解明されている
人の「恐怖心」というからくるものなんです



 
 
お金を生み出す知識を身につけて
貯金額をコンスタントに増やしていける未来より





今、お金を1万円出して
失敗する可能性という恐怖に
先に目が行ってしまうものなんです



 
 
それは、お金の「投資」という使い方や
その価値をまだ知らないからです




 
 
でも安心してください
 
 



消費や浪費と違って
『投資』はあなた自身に大きなリターンのあるお金の使い方です



 
 
知識や知恵という財産は
あなたの投資した何倍にもなって返ってきます



 
 
「貯金」


 
 
「投資」



 
 
実際に経験してみたボクとしては
このどちらが
お金の不安を本当の意味で自分自身から無くしてくれるのは
もう言うまでもありませんね



 
 

追伸…ボクの貯金についての経験談まとめ


 
 
ボクも貯金だけが
お金を増やす唯一の方法だと信じ、
社会人になって以降、毎月少ない給料から貯金額を捻出し続けていました



 
 
毎月ギリギリの状態でも
周りの友達にはそんなな状態は知られたくない



 
 
それを隠すために見栄を張ることもしばしばでした



 
 
裕福な家庭に育ち
常にお金に余裕がある友達を別世界の人のように感じ
ただただ羨ましく思ったこともあります



 
 
いつの間にか自分でも気づかないうちに
お金という存在そのものがコンプレックスになっていました



 
 
常にお金の不安感にさいなまれているような状態
お金のコンプレックスを抱える状態から





完全に抜け出したい!





 

もっともっと自分らしく自由に生きていきたい!




 
 


そんな思いで、お金を生み出す力を身につけようと考えました




 
 
はじめは教材、
知識やスキルを身につけるために
自己投資をするお金の使い方に抵抗もありましたが




不思議なもので
お金を生み出すしくみを理解するうちに
その気持ちは自然と消えていきました




実際にスキルを身につけてしまうと
投資した分の教材代なんかもすぐに回収でき
それ以上の収入も得続けられるようになりましたし!





 
 

知識やスキルは何物にも代え難い貴重な財産です







 
パソコン1台でお金を生み出してライフスタイルを目指すなら
自己投資による自分磨きと
その結果、あなたが身につける知識やスキルは必ず役に立ちます



 
 
それもこれも
実際に成果を出すことができたからいまだからこそ
こうしてあなたにもお話しすることができています



 
 
ボクが実際に使って結果を出せた教材を載せておきますので
関心がある!とか
お金の不安やコンプレックスとは縁を切りたい!
という方はぜひ、覗いてみてくださいね



New Generationとは?今、話題の長谷川かずま氏の理論を徹底検証!




まさきでした



少しでも参考になりましたら幸いです




ps.わからないことや困ったことがありましたら

  いつでも気軽に相談してくださいね



ご連絡はこちらから...⇒連絡してみる



まさきでした


【プレゼント付き】「自分らしく生きる方法を学べるメルマガ」

ボクが40代で脱サラ・起業できた秘密、

ブログでお伝えしきれない「リアルな声」を情報発信しています

/></font></a><br/></p><CENTER>

<Div Align=

/></font></a><br/></p><Div Align=

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール

おかげさまで


人生を立て直すことが

できました!



長らく給与も据え置きで

「これはマズイ!」と

始めた副業が思いのほか順調!



おかげで

ようやく会社の束縛から解放され

時間的自由と金銭的自由を

手に入れることができました!




たった一度の人生!




悔いなく生きていきたいですね!


副業も

やり方ひとつで変わるもんです

あなたも


自由な理想の世界

少しだけ

覗いてみませんか?


詳しいプロフィールは こちら...

「人生の保険」の気持ちで始めた

副業が軌道に乗るまでの話しや

自由を手に入れる方法を

無料メルマガで発信したりしています ↓


無料プレゼント付き!

会社に縛られない方法

副業からの成功法則

起死回生のホームランの打ち方

松岡修造から学ぶ

当サイトでも使用中です

あなたの応援が明日への励みです!

タグクラウド(工事中...)

あまりつぶやいてませんが、

最近の記事

このページの先頭へ