隙間時間の副業体験を始めた頃を思い出させてくれた1冊の本との出合い

この記事は 253秒で読めます。

隙間時間に立ち寄った本屋で
久しぶりに副業体験を始めた頃のことを思い出しました



こんにちは まさきです



先日、思わずタイトルに惹かれて
中身もよく見ず、1冊の本を買いました



タイトルは「死ぬ瞬間の5つの後悔」
















後で知ったんですけど、
世界中で読まれているかなり有名な本らしいです



「買った理由??」



実際に自分が死を目の前にしたとき、どうなんだろう?
って、気になったんです



単純でしょ!?



いわゆる衝動買いってヤツですねw



あなたは時間を大切にできていますか?
そして、死ぬ直前について、考えたりすることありますか?



人が、死を直前にして、心から後悔することとは?




本のテーマは、「人生での後悔の言葉」



ある看護師が末期患者と接する中で
死を直前に控えた患者の多くが口にする言葉とは?
といったものです




1. もっと自分らしく、自分に正直に生きればよかった
2. あんなに働きすぎなければよかった
3. 思い切って言いたいことははっきり言えばよかった
4. もっと友人と連絡を取ればよかった
5. もっと自分の幸せを追い求めればよかった




表現の違いはあれ、誰もが口を揃えたように
同じことを嘆いていると言うんです



この、先人達の言葉に、生きていくうえで
本当に大切にすべきことが隠されていると思いませんか?




今、人生で何を大事にしているのか?




子供の頃は自由だった!




子供の頃、
父親に言われたことがあります


「人間、死んだら終わりや!生きている間が花や!」

「だから人生、人様に迷惑を掛けること以外、何でも経験したらいい!」



普段は口数少ない父親だったせいか
このときの言葉は不思議と今でも心に焼き付いています



親の言う通り
ボクは自由にさせてもらってましたw



幼稚園時代は
「探検」と称して隣の市まで友達と3人で徒歩で遠出
距離感も時間の感覚もないから思ってた時間に全然帰れない



夕方になっても帰ってこないと心配した
友達のお母さんが「誘拐されたかも?」って
警察に捜索願いを出して大騒ぎ



パトカーに連れて帰ってもらいましたw



小学生のときは
近所の空き地で友達と「秘密基地」を作って
「何やってんだー!」って地主さんに怒られる



その都度、父親は関係者に頭を下げて謝ってくれましたが
ボクを怒ることはせず、逆に褒めてくれました



「これで、またひとつ勉強になったな!」


「ポンッ」って軽く肩をたたきながら言ってくれるんです



考えてみれば子供の頃って好奇心旺盛で
何にでもすぐ興味が湧くし
興味が湧いたら、考える間もなく迷わず行動してた



突拍子もない行動ばかりだったことは
手放しで褒められたものじゃありませんがw



それでも毎日が楽しかったし内容が濃い



新しい発見の毎日で、一日一日が全て新鮮
関心のあることに対してすぐ行動してみる、それ自体が楽しい
失敗を恐れたりしないし、失敗することとか考えてなかった



いろいろ親に迷惑かけたことは申し訳ないけど
毎日が楽しかった理由って
結局、自分に素直に生きてたからだと思うんです



我ながら決して出来のいい子供だったとは思わないけどw
当時の輝いていた自分の生きざま自体は
それなりにカッコいいと思うし
褒めてやりたいんですよね
自分で言うのも変ですが…





今、大事にしているものは?大人の自由と我慢のバランス!?




子供時代はそれで良かった
でも大人になると
全てが自由に!とはいかなかったりしません?



社会人なんだから…
仕事だから…
会社だから…



ある程度はしかたがないかも知れません



でも、社会人人生が長くなるに連れ



制約や守るものが多すぎるあまり
「自分らしく生きている感触」が減っていく



会社員として…とか、
会社のため…を理由に「我慢すること」が増えるばかり



「自由に自分らしく生きること」を考える機会そのものが減っていく



それは、まるで自分が気付かないうちに水面下で進行していく悪性の病気



本を読み終えて、そんなことを感じてしまいました





我慢だらけの人生の先には、自分にも同じ結果!?の恐怖




意識的であれ無意識であれ
我慢だらけの人生では



結局、冒頭の
「死を間近に控えた人の後悔の言葉」が
他人事じゃなくなってしまうじゃないの!?って



大人になった自分が子供時代の自分を見て
「でかしたぞ!」って言ってやれるように



5年先、10年先の自分が今の自分を見たときにどう感じるんだろう?



どうせなら
「よくやってるな!今、オマエは輝いてるから、そのまま突っ走れよ!」
って言ってやりたいし



そんな、今の自分でありたいな!と考えるんです




リスクのないところから挑戦してみようと思った




あなたは死ぬ直前、どうでしょうね?



誰もが避けることのできない
「死の直前」から逆算してみて
あなたの今現在はどうでしょうか?



「このままじゃちょっとマズいかも!?」


少しでも心当たりがあるようなら


会社に縛られ過ぎないために!


人生に対する視点を少し変えてみる
何か新しいことに挑戦してみる



そんなのもいいかも知れませんね




「でも新しいことに挑戦してみるって言っても…」



子供時代とは違って
守るものがなにかと多い大人



どうしても不安や恐怖が先に頭に浮かびますし
なかなか行動に移せなかったりもしますよね



でも、そんなときは
何か一つでいいので、今時点でできることから
新しいことを始めてみればどうでしょう?




「できない!」って結構、勝手な思い込みだったりします



チャレンジしてみる気持ちで
ちょっと情報収集してみれば
「できること」って案外、どこにでも転がっているものです



1年くらい前から
「このままじゃマズイ」
「人生を変えたい」って真剣に考えるようになりました



この本に出合う前に
ボクは新しいことへの挑戦を始めました



その気になれば
人生を変える方法なんて見つけるのに苦労しませんでした



1年前に行動を起こした自分を褒めてやりたいです



逆に、2年前の自分には
「なにを悶々としてばっかりで、グズグズしてんだよ!」って
檄、飛ばしてやりたいんですけどねw



「行動しない」・「知らない」って恐いです



いつまで生きられるかは「神のみぞ知る」なので
1分1秒を大切にしていきたいものですね



少しでも参考になりましたら幸いです




ps.わからないことや困ったことがありましたら

  いつでも気軽に相談してくださいね



ご連絡はこちらから...⇒連絡してみる



まさきでした


【プレゼント付き】「自分らしく生きる方法を学べるメルマガ」

ボクが40代で脱サラ・起業できた秘密、

ブログでお伝えしきれない「リアルな声」を情報発信しています

/></font></a><br/></p><CENTER>

<Div Align=

/></font></a><br/></p><Div Align=

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール

おかげさまで


人生を立て直すことが

できました!



長らく給与も据え置きで

「これはマズイ!」と

始めた副業が思いのほか順調!



おかげで

ようやく会社の束縛から解放され

時間的自由と金銭的自由を

手に入れることができました!




たった一度の人生!




悔いなく生きていきたいですね!


副業も

やり方ひとつで変わるもんです

あなたも


自由な理想の世界

少しだけ

覗いてみませんか?


詳しいプロフィールは こちら...

「人生の保険」の気持ちで始めた

副業が軌道に乗るまでの話しや

自由を手に入れる方法を

無料メルマガで発信したりしています ↓


無料プレゼント付き!

会社に縛られない方法

副業からの成功法則

起死回生のホームランの打ち方

松岡修造から学ぶ

当サイトでも使用中です

あなたの応援が明日への励みです!

タグクラウド(工事中...)

あまりつぶやいてませんが、

最近の記事

このページの先頭へ